ドライブ順序の変更

増設により、標準のSDHCリーダーのドライブ文字が「D:からE:になってしまって使いにくい」などという場合は、こちらを参照してください。

1.管理ツールの起動


「マイコンピュータ」を右クリック。 (下図参照)

管理ツール呼び出し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「管理」を選択して管理ツールを起動します。  (下図参照)

 ディスクの管理

 

2.管理ツール画面


下図画面が「管理ツール」です。

左下側の赤枠部分の「ディスクの管理」をクリックすると、画面の右側に現在認識されているドライブが表示されます。

この画面で「E:や「F:」などのドライブ文字と呼ばれる部分の設定変更が可能です。

管理ツール

3.ドライブ文字と実際のドライブを確認するため、標準SDHC、その他のUSBメモリを抜きます。


設定を変更したいドライブを正確に設定するために、SDHCカードやUSBメモリなどを抜きます。

全て抜いた後に、管理ツール画面で「F5」キーを押します。ディスクの管理画面が更新されます。

 

4.増設SDHCリーダーのドライブレター変更 その1


増設SDHCリーダーは「Dドライブ」として認識されています。右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

ドライブ文字の変更

 

5.SDHCリーダーのドライブ文字変更 その2

「変更」を押します。

 ドライブ文字変更画面

 

6.SDHCリーダーのドライブ文字変更 その3

右側にあるプルダウンメニューをクリックすると、アルファベット・リストが出現します。

その中から標準SDHCリーダーや、増設SDHCリーダー、USBメモリに割り当てたいドライブ名を選びます。これを繰り返すことで望みの表示順にするこ とができます。当然、Dドライブになっているドライブがある時には、他のドライブをDドライブにはできません。一時的に別な文字を割り当てるなどして変更 してください。

※もしもリストに希望のドライブレターが無かった場合には、2の画面に戻り「F5」を押します。それでも表示されない場合は「管理ツール」画面を閉じ、1からやりなおします。

 文字変更画面

7.確認


設定の終了後、設定が再起動をしても反映されているかどうか確認します。

変更前は、Dドライブが増設SDHCリーダーでした。(FAT32、3.73GBの容量)

変更後は、増設SDHCリーダーをEドライブ、標準SDHCリーダーをDドライブとして認識しています。


【変更前画面】

before.jpg

 

 【変更後画面】

  after.jpg