OS管理外メモリ活用・高速化ソフト「プチフリバスター Duo drive Ver3.1」

SSD/HDD高速化ソフト・快速Super Drive「プチフリバスター Duo drive Ver3.1」サービスパック無料配布開始

~PCのディスク装置を高速化する特殊ディスクドライバ~

有限会社電机本舗(本社:東京都港区、代表取締役:由井清人)は、SSD、HDD、CF、フラッシュメモリを高速化しプチフリ対策を行う「プチフリバスター Duo drive」の最新版Ver3.1サービスパックを公開配布開始しました。

pfb_speed_up.png
 
 
 
 
報道関係者各位
プレスリリース
 
有限会社電机本舗(本社:東京都港区、代表取締役:由井清人)は、SSDおよびHDDに対して大容量のディスクキャッシュ(メモリバッファ)を設置し、 ディスクのアクセスを高速化するプチフリバスターのVer3.1を5月25日より配布開始しました。Ver3.1はサービスパックの形で提供します。ま た、
5月2日以降出荷開始の公称バージョン”Ver3”標準でVer3.1を同梱します。それ以前の購入者にはサービスパックを無料配布を開始しました。
Ver3.1は従来比で3倍近い高速化を実現しました。従来に比べ高速化する帯域を大幅に拡げ、従来あまり高速化できなかった条件下においても劇的な高速化を実現しました。 
HDDのシークタイム問題、またMLC型フラッシュメモリを内蔵したSSDで顕著であったプチフリーズ 問題を解決します。SSDはリードとライトアクセスが同時に発生するとSSDの速度が極端に遅くなるという問題がありました。本ソフトは最大64bit版 で最大2GBバイト、32bit版では、従来活用されなかったOS管理外メモリ約700Kバイトをディスクキャッシュとして設定し、読み込みと書き込みの データの流れを管理します。

 ”ターボ機能”の実装、リードスピードの超高速化
リードの高速化
 
 
 
   Ver3.1からターボ機能(超高速設定)を実装しました。これは安定的にリード速度を高速化します。従来よりプチフリバスターはディスクキャッシュ中からリードデータを廻生し、高速化する機能を備えていました。
 ターボ機能はこの廻生機能を強化増幅する新機能です。
 廻生機能
リードが発生した時、キャッシュに該当データがある時、メモリからのリードで処理が終わります。これが廻生機能です。従いディスクキャッシュが擬似的なRAMディスクとして動きます。RAMディスク同様高速に動作します。
 ターボ機能はこの廻生機能を強化増幅する新機能です。ディスクキャッシュからリードデータを効率よく廻生する設定を強化実装しました。これがターボ機能です。
 ターボ機能により、ディスクキャッシュの性能を引き出します。
    
 
turbo.jpg
 
Ver3.1はこの図のスイッチを新設しています。このスイッチによりターボ機能の設定を行います。キャッシュのディスクへの反映時間を延ばすことにより、廻生機能の効果が飛躍的に上昇します。
 
 


OS管理外メモリ有効活用

   従来、Windows32ビットOSにおいて、周辺機器用の予約メモリとして未使用領域が存在します。

out1.jpg

   本ソフトは、この未使用領域を、CPUのPAE(物理アドレス拡張)機能を使い、再配置、有効活用するものです。

out2.jpg

   本バージョンよりOS管理外メモリをディスクキャッシュとして活用します。 

pfb3.jpg 

  ディスクキャッシュは3Wey方式を採用。OS管理メモリから動的と静的および、OS管理外メモリの3つから選択できます。

 

Duo drive

duo2.jpg

 プチフリバスター(PFB:petite freeze buster)の最新版です。最大2台のディスク装置を高速化。特にネットブック&ノートPCの不足しがちな内蔵ディスクの補助用として、SDHC/CF/フラッシュメモリを擬似HDD化、HDD以上に高速なディスク装置にします。

 

  導入例 ネットブック&ノートPCの場合 

duo1.jpg

   軽量化より速度低下しがちなネットブック、ノートPCの内蔵ディスクをPFBは高速化します。SSDで気になるプチフリも遮断します。ディスクのアクセスそのものを最適化するので、寿命そのものも伸ばします。

また、内蔵ディスクの容量も気になります。PFBは、多くのネットブック、ノートPCが備えるSDHC/CFをHDDとして認識させます。もちろん、キャッシュによる超高速化を実現します。

 

  導入例 デスクトップPCの場合

 

 デスクトップPCの場合は、内蔵ディスク2台まで高速化します。システムディスクは高速し、大容量のデータ保存用のディスクも高速化したい。PFBはその要望に答えます。3Dグラフィクス、レンダリング処理の時間を劇的に高速化します。

 


  プチフリバスターはプチフリに配慮し、ディスクへのアクセスを最適化する特殊ディスクドライバです。「ライト設定」「ミドル設定」「ヘビー設定」の自動設 定ボタンを備え、ワンプッシュで簡単設定を実現しています。また、上位ユーザ向けに肌理の細かい手動による設定も用意しています。

pfb01.jpeg
    CrystalDiskMark2.2によるベンチマーク結果。大容量ディスクキャッシュにより劇的に高速化しているのが判ります。
 
   pfb02.jpeg
   プチフリ現象測定ソフト「PFM」により、読み込みと書き込みが同時集中発生した時のベンチマーク結果。アクセスの最適化により、本来のSSDの性能を引き出します。
 
  pfb03.jpeg
   プチフリ現象測定ソフト「PFM」を使用し、ディスクの断片化の進行したディスクにてシーケンシャルとランダムのアクセス速度を計測し、グラフ化したも の。SSDは断片化の進行したSSDではランダムアクセスが劇的に速度が低下しますが、PFB(プチフリバスター)は劣化を防ぎます。
【三つの機能】
1.高速化・・SSD専用ドライバによってOSのディスクアクセスを最適化。
2.ダブルのプチフリ抑制・・・拡張メモリバッファと自動ソート処理で二重の対策。
3.SSDの長寿命化・・負荷軽減による長寿命化。

【テクノロジ】
◆特殊ディスクドライバ「PFBドライバ」の機能
・「書き込み」と「読み込み」の同時発生を監視しプチフリを抑制。
・拡張メモリバッファにアクセスをバイパスしてプチフリを回避。

◆拡張メモリバッファの搭載
・「書き込み」と「読み込み」の高速化
・アプリケーションの起動や反応の高速化

【機能詳細】
1.高速化
大半のプチフリ現象は”「読み込み」が「書き込み」を待って渋滞する”ために発生します。PFBドライバはメモリバッファにより「書き込み」速度を向上し「読み込み」を待たせません。これによりプチフリを回避します。

また、「読み込み」データがメモリバッファにあった場合、高速なメモリバッファにパイパスし「読み込み」を高速化します。

2.プチフリを抑制
MLC型SSDで頻発する現象として、「書き込み」がSSD側のバッファに溜まると、SSD内部の反応が一時停止する場合があります。主に記憶装置の性能 で左右され、その対策のため「書き込み」をパイパスして拡張メモリバッファに蓄積、現象を回避します。同時に常に最適なタイミングで実際の書き込みを行い 「書き込み」速度を向上しています。

また、データを「書き込む」際に最適化処理(自動ソート処理)を行いSSD内部の作業用データの断片化を防ぎ、SSDに格納したデータの直接「読み込み」も高速化します。

3.SSDの長寿命化
SSDはウェアレベリング(平滑化処理)処理を行い、一つのメモリ素子にダメージが集中しないようにする機構があります。PFBは、拡張メモリバッファに よる重複アクセスのバイパス処理、「書き込み」データの最適化処理によって、SSD内部のメモリ素子へのアクセスを軽減し、寿命を伸ばします。

■詳細説明は下記サイトを参照ください。
http://pfb.dnki.co.jp/
■Ver3への無料バージョンアップ保障キャンペーン実施中。
現行の本ソフトを購入すると、Ver3への無料バージョンアップキーが付属します。現行の価格(DL版で2480円)で、Ver3(DL版2,980円)を購入できます。
■Ver3試用版無料配布中(標準でVer3.1最新が入っています)。
—> OS管理外メモリ機能対応「プチフリバスター Duo drive Ver3試用版」 

【動作環境】
・Windowx XP用(32bit) SP2,SP3対応
・Windows2000用SP4対応
・Windows7版は32bit/64bitに対応
※VISTAは同梱しますがOS本体が不安定なためノーサポートです。
・メモリ512Mバイト以上
・ディスク容量5Mバイト
 ■価格
・パッケージ版 オープンプライス   ※丸紅インフォテック(株)、ソフトバンクBB(株)にて取り扱っております。
・ダウンロード版  ¥2,980- (税込)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■会社概要

名称  : 有限会社電机本舗(でんきほんぽ)
本社住所: 〒108-0074 東京都港区高輪1-2-16 鈴木ビル6A
設立  : 1989年10月16日
資本金 : 300万円
URL   : http://www.dnki.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社電机本舗
担当  : 由井(ゆい)
TEL   : 03-5449-7057(13:00~17:00)
FAX   : 03-3447-2775
E-mail : info@dnki.co.jp