PFBユーティリティ

pfbuicon.jpgプチフリバスター支援用のユーティリティソフトです。広く無料配布します。WindowsのSSDに関連する各種設定をまとめています。SSD/HDDの設定であると便利な機能をまとめています。

【ニュース】

LPM問題,LPM病対策機能実装。LPM(LinkPowerManagement)の誤動作によるプチフリ発生を防止します。

■本ページの公式URL –>  http://pfbu.dnki.co.jp/

 

本ソフトの使い方は簡単です。

1.インストール方法

 本ソフトの入ったフォルダをPCのディスクにコピーしてください。どこに置いても動作します。各種付属ドキュメントがありますので、フォルダ事コピーしてください。

2.アンインストール方法

 ディスク上の本ソフトをフォルダ毎消去してください。

3.使用方法

pfbuicon.jpgこのアイコンのファイルがプログラム本体です。ダブルクリックして実行してください。このアイコンはWindows7で表示したものです。Windows2000, XPでは盾のマークは表示しません。ご注意ください。

 

 

 

 

 

 ①本ソフトを起動すると次のような画面が出ます。

  pfbutil.jpg

 

後は、利用したい機能をタブより選択してください。 

 

■LPM問題対策機能

  電源供給停止

 LPM(Link Power Management)問題とは省電力設定が誤動作し、SSDへの電源供給が途切れ、SSDが動作不全に陥る症状です。LPMに対応していないハードウェアがPCシステムに入っていない時に発生します。

 【LPM管理のタブを選択して下さい。ONを選択すると電源設定からLPMの制御が出来るようになります。  電源設定はコントロールパネルから選択出来ます。

以後、Windowsの電源設定からLPMを自由にON/OFFできるようになります。

LPM問題 レジストリ修正 プチフリ対策

 

■自動デフラグの制御(XP専用機能)

  Windows XP 自動デフラグ オン オフ ワンタッチ 設定 変更する

 WindowsXPを導入すると、自動的にデフラグがかかるようになるようです。この設定は幾つかの問題があります。

1)SSDの場合、寿命を急速に損なう。

2)PCを触っていない時にディスクアクセスが急速に発生し、ウィルスに感染した不安感を得る。

 本機能は、XPが標準で持っている自動デフラグを簡単に管理します。

※Windows7用は後日作る予定です。 

 

■Windowsの強制終了を設定変更する 

  BSOD ブルースクリーン Windows7 VISTA XP 原因追求 調べる

 

Windows VISTAはPCの相性が問題となりました。使っているとPCが異常終了する問題が多発しました。

エラーメッセージは瞬間しか表示されず、原因追求が出来ない問題が起きています。本機能はこれを解決します。

Windowsの初期設定は、障害が発生すると自動起動するようになっています。本機能でこれをオフにしてください。以後、障害が派生するとエラー原因を表すブルースクリーン画面を表示します。このブルースクリーン画面はBSODあるいは青画面と呼ばれているものです。

 VISTA, Windows7で発生しやすいブルースクリーンの問題は多くの場合、次を実施すれば改善できます。

1)Windowsの最新アップデータを入れる。

2)VISTAあるいはWindows7で動作保障しているPCメーカ製のチップセットドライバを入れる。

3)サードベンダー製のソフトは  VISTAあるいはWindows7に対応した物を入れる。

 特に、VISTAとWindows7は、対応するドライバあるいはソフトが別物であることに注意して ください。VISTA用のソフトはWindows7では安定して動作しない。逆にWindows7用のソフトはVISTAでは安定して動作しない場合が多 いので注意してください。

 

■その他追加(100201版)

  機能を増やしました。プチフリ対策のテンプレートとしてネットに次のように言われています。これに対して、設定の煩雑な物をPFBユーティリティに追加しました。

1:Prefetchを切れ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ PFBユーティリティで実装
2:RAMを最大容量まで搭載しろ
3:SSDの容量が50%以上ならないようにしろ
4:ハイバネーションを切れ
5:システムの復元を切れ
6:「ディスクの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを外せ
7:8.3文字ファイル名の生成を切れ  ・・・・・・・・ PFBユーティリティで実装
8:最終アクセス日時の更新を切れ  ・・・・・・・・ PFBユーティリティで実装
9:インデックスサービスを無効にしろ
10:NTFS Change Journalを切れ  ・・・・・・・ PFBユーティリティで実装

 3,5,9はWindows標準機能で簡単に設定変更できるので入れていません。

 

4.今後の改良(機能の追加)

 適時、必要と思われる機能を追加していきます。

また、要望のあった機能で重要かつ簡単に作れるものは率先して入れていきます。

 

5.PFBユーティリティの入手方法

 アンケートにお答えください。折り返し、メールにてダウンロードサイトを案内します。

また、バージョンアップの際にはメールにて案内致します。ご了承ください。

–> アンケートに答えてダウンロードする

 

 

 pfbanimev2.gif

 

 

  —> プチフリバスターはこちら