SSD耐久テスト プログラム「ssd_full_cmd」

ssd_full_cmd.png

 

SSDに数十テラ/日のデータを書き込みます。

download_btn.png

 

アンケートに回答ください。折り返しメールにてDLサイトを案内します。

 

 


 

 
■目的
SSDに対して加速寿命テストを行います。
これにより対象となるSSDの耐久性を測定します。

一般的には一日に6GB~20GBの書き込みを想定しているSSDに対して
10テラ~40テラのデータを書き込みし1000倍前後の負荷をかけます。
これにより、1000倍前後の速度でSSD内蔵のNANDフラッシュメモリに
負荷を掛け、寿命を削り取ります。

■使い方
管理者権限でDOS窓より起動してください。

<実行例>

 ssd_full_cmd drv [-v | -s]

 drvはC,Dなどのドライブを示す文字。 -vはべりファイオプション

 ssd_full_cmd d ・・・dドライブに乱数書き込みを行う。データのべりファイテストは1日に一度実施。

 ssd_full_cmd d -v  ・・・dドライブに乱数書き込みを行う。データのべりファイ毎回実施。

 ssd_full_cmd d -s  ・・・dドライブに乱数書き込みを行う。ドライブの書き込み速度を測定する。100GBのデータを書き込み平均速度を算出する。

 log.png

  本ソフトを実行するとカレントディレクトリに3つのログファイルを生成します。

※ログファイルのXはテスト対象となるドライブ文字となります。

■テストの中断と再開について

本ソフトは自由に中断/再開できます。CTRL+Cでソフトは中断終了できます。再起動すると、ログファイルうのX_Total.txtの情報を元に再開します。一回中断すると概ね10GBの誤差が発生します。パーセントにして0.0001%未満の誤差が出ます。  

■制限
SSD加速寿命テストという性質上、SSDの持つ「リードオンリー化」機能の検証は
できません。注意ください。

SSDは通常、20日以上の期間をかけ、内部データをリフレッシュします。
本ソフトはこれを17分未満のサイクルでリフレッシュします。

本ソフトにより、消耗し、エラーを発生する条件は17分以上NANDフラッシュが
データを保持できなくなった時です。

エラーが発生した時、SSDの全NANDフラッシュの磨耗し17分以上データを保持できなく
なっている可能性が高いです。

この状況においてはSSDの内部データは急速に消失します。
従い「リードオンリー化」の検証は困難です。注意ください。

 

【変更履歴】

2014.10.04. Ver2 配布開始。スペースデデフラグで作ったデータのデータ化け検査機能を付ける。

2014.08.15. 初出