1999年 携帯ほいほいのサポートツール「iメールほいほい」の開発。
2001年 小規模な店舗向けのDM営業支援ツール「メルマガほいほい」の開発。

携帯電話の普及期に開発、リリースした“携帯ほいほい”が携帯製造販売メーカのNEC、日立、カシオ社など、大手メーカにおいて標準バンドルとして採用され、また各社キャリアへのアプリケーションをOEM提供するなど、ソフトウェアが認知され、利用されるようになった頃、“携帯ほいほいでパソコンにバックアップ編集した電話帳(住所録)から携帯電話を経由して、メールを送信したい”。そんな声が聞こえてきた…。当時はスパムメールの対策として、インターンネットからのメールが携帯電話に送れないなどの問題が発生しており、パソコンから相手の携帯にメールが送信できることは、意外にも多くの需要(要望)があり、携帯ほいほいのサポートツールとして、「iメールほいほい」の開発に至った。

パソコン通信が先行して、普及、拡大を遂げる中で、定着したパソコンがあるのに、わざわざ不慣れな携帯電話でメールを作成し、送信するというのは、ビジネス層にとって、ある意味疑問に感じたのであろうー。パソコンでメールを作成し、携帯を経由して送信する、このスタイルを基本とするものだった。だが、情報端末デバイスとして、携帯電話は様々な制約下において、急拡大することに…。

現在、LINEを始め、SNSが普及しているが、もちろん当時にはそのようなものはない。キャリアが主体とする携帯通信の公式ホームページサービスが提供され、“ホームページ”という存在が認知されるようになったが、ドコモ(現在のNTTdocomo)のi-modeが火付け役となり、電子メールのやり取りに主役が移っていくことに…。ドコモはiアプリ、iエリアなどのサービスを展開する中、当時の携帯メールには125文字前後の制約があったと記憶しており、これをビジネス層が嫌った理由としても、挙げられるが、この制約を克服するために、女子高生を中心に文字を組合せて表現する“絵文字”と言われる方法でコミュニケーションをする新しい文化が生まれ、これが大きく携帯電話の事業を牽引し、後にTRONコードを進化させた絵文字通信に発展する。その後も女子が主体とするビジネスとして、ホステス業では来店のラブコールする顧客にパソコンから携帯を介してDMを送信、返信に対して直接、携帯電話から絵文字の電子メールで手厚くフォローする…携帯電話による通信を加速させたのは、間違いなくその時代の女子力”であり、ビジネス層を上回った発想だと実感するものだった。

前述のように、低コストで簡易なDM宣伝をしたいニーズが高まり、サービス業を始め、小規模な店舗用のDMソフトとして企画、開発したのが「メルマガほいほい

小規模な店舗向けの営業支援をするサポートツールとして、店舗があらかじめ用意したアドレスに、興味のある顧客が空メールを送信すると、顧客のアドレスを収集して、その登録された顧客に対して、定期的にお得なサービスなどの特典をサービスメールで送信するソフトウェアとして提供した。当時、プロバイダが提供する同報サービスは制約が多く、採用しづらいもので、またその他の宣伝広告を主体とした一斉送信の同報サービスも、コストとその効果が判断しにくいものが多かった。また従来の電子メールソフトを使う場合、送信アドレスを開示せずに一斉送信ができず、かつBCCの送信も容易ではなかった…。

このような背景から、簡易なDM配信ができるように、業務上で扱いやすい表計算ソフトを採用、顧客リストを一元管理し、リストから2000人以下の一斉同報送信が可能な支援ツールとしてを設計、完成したもの。本ソフトはPeopleOffice」の表計算ソフト上で作動するミドルウェアとして構築した。